[ Home > 電気製品の EMC/安全適合性 > バナナの皮 ]

バナナの皮 ― Issue 39

  1. 架空移動クレーンの昇降機に給電しているインバータが、長い移動の途中で頻繁に ――操作員室のタングステン・フィラメント電球を直接スイッチしている リミット・スイッチの動作と同時に―― トリップした。 そのスイッチからの RFI が 制御システムに誤ったモータ速度フィードバック・パルス列を注入し、 過渡的にインバータの電圧と周波数の出力を モータが必要とするものと全く合わなくしていたことがわかった。 クレーン操作員はその表示を必要としなかったので、 その製造業者はその電球を取り除くことで対処した。
    (From David Blake BSc CEng MIEE, Managing Director of Electronic Design Solutions Ltd, describing events from when he was Managing Director of Pace (Stirling) Ltd - consulting engineers - from 1987 to 1998.)

  2. 架空移動クレーンの昇降機構内のロード・セル機器の校正を確認している際に、 試験者の携帯無線機の近さと方向に依存して、 その電子信号変換器が 0 からフル・スケール (10V) のあいだの どのような値のアナログ出力電圧も与え得ることがわかった。 通常の運用に際しては誰もクレーン上にはおらず、 また保守要員はそこでは携帯無線機を使ってはいけないことを知ったので、 追跡調査は行なわれなかった。 その機器は通常の環境では満足に機能していたことから、 インバータ・ドライブのような他の RFI 源からの起こり得る影響は探されなかった。
    (From David Blake, details as for 168 above.)

  3. 個人的に、気弱な人々に憂慮と嫌悪を生じさせるであろう多量の例を並べられる。 離陸待ちで滑走路の端にいるジェット飛行機の中に座っていて、 200ヤード程離れたメイン・レーダー・ディッシュのスイープと同期して 室内灯が僅かに暗くなるのを見た。 飛行機の厨房での ESD 事象がその機体の反対側のコックピット内の電話を鳴らし、 パイロットに応答のために取り上げさせた。 空港の管制塔内での ESD 事象が コンピュータやその他の不可欠な機器をクラッシュさせた。 離陸や着陸に際してラップトップや携帯電話の電源を切ることを必要とするだけの 充分なスプリアス放射。 何故、私やその他の何百人もが、そんなにも敏感なものに命を預けているのか? しかし、我々は、 ブレーキ、アクセル、燃料制御などのためのデジタル制御装置が詰め込まれた 自動車の中で携帯電話をかけることは気にしない。 自動車産業は、落雷シミュレーションによって、 極限的な電気的事象に対して試験するために最善を尽くしている。 しかし、1メートルも離れていない自動車内部についてはどうだろうか? ところで、彼らは、航空管制塔で携帯電話やラップトップを許しているだろうか? 彼らは導電性の床を使い、人々に ESD 対策靴を履くことを求めているだろうか? 安全関連問題を規定しているだろうか? 物理的な安全が必要だろうか? あなたの銀行口座から引き出せるようにするために近くの誰かがデコードする ATM からのスプリアス放射についてはどうだろうか?
    (Posted by Doug McKean on emc-pstc, 2nd Jan 2002)

  4. EMC? はっ! 私はペッドサイド・テーブルの上の白熱電球を 新しい節電小型蛍光ランプに交換した。 そのランプを点けると、クロック・ラジオ (同じベッドサイド・テーブルの上にある) で 最も強い AM ラジオ局さえも聞けなくなる。 これは EMC 要求の意図している使用方法ではないに違いない。 私のテレビやステレオは同程度に詰め込まれている (それらはかなり近接している)。 正月に、私はフットボール・ゲームをテレビで見ながらラジオの解説を聞こうと思った。 テレビをつけると、そのテレビの干渉によって 最も強い AM ラジオ局さえも聞けなくなる。 これは EMC 要求の意図している使用方法ではないに違いない。 私は旅行の際に Grundig の携帯用ラジオを持って行く。 大抵のホテルは、AM ラジオを、そして場合によっては FM ラジオさえも聞けないほどの、 充分な干渉源を持つ (照明とテレビを消しても!)。 これは EMC 要求の意図している使用方法ではないに違いない。 EMC? はっ!
    (Posted by Rich Nute on emc-pstc, 3rd Jan 2002. Rich is based in the USA.)

    私は、RFI@contesting.com リストのメッセージで、 Phillips の電球が他のものよりも少ない RF ノイズを出すと聞いた。 しかし、私はそれを保証できない。
    (One of the replies to the above, from Cortland Richmond, 3rd Jan 02)

  5. 音響部門が、ごく標準的な上演のための音響効果の設計を依頼された。 その音響効果のために、そのうちの 6箇所はステージ上となる、 16箇所のアンプ/スピーカーが必要であった。 リハーサルと最初の上演日のあいだは全てはうまくいった。 その音響設計者は良い仕事をしたようであり、 私はツアー・シーズンの計画をするために自分のオフィスに戻った。 しかし、上演の二日目に、私はその演出監督にステージ上に呼び出された。 ステージ上のスピーカーからの大きなクリック音のために、 役者達は彼らがしていることに集中できなかった。 明らかに、誰かが上階とのあいだのリフトを使う度に、 ステージ上の全てのスピーカーから大きなノイズが聞こえていた。 この問題は、それらのアンプの入力ケーブルまで追跡された。 それらの入力ケーブルは、セットの線に沿って床にきれいにテープ止めされていた。 残念ながら、それらのケーブルは、 ステージの下の見えない所にあるリフトの電力線と平行に走っていた。 調査によって、アンプの入力ケーブルはリフトの配線と 少なくとも 7メートルは平行に走っていることがわかった。 リフトが使われる度に、そのスイッチング電流によって磁界が発生させられ、 アンプの入力ケーブルのシールドに結合し、 それぞれのアンプの入力回路にスイッチング・ノイズを注入した。 それらの入力ケーブルを引き直すとそのノイズは減少したが、 完全にはなくならなかった。
    数年後に、私はその理由に気付いた。 そのケーブルのシールドは片端でグランドに接続されているだけであった。 これは、依然として、ケーブルのシールドを内部回路の 0V 導体に接続する機器 (プロ用のオーディオで使われている3ピンの XLR スタイル・コネクタでは ケーブルの遮蔽が1番ピンに接続されることから、 これは今は「1番ピン問題」として知られている) のための、 ハムやバズのような低周波ノイズの制御に用いられる最も普通の手法である。 このため、それぞれのケーブル・シールドは、 波長がケーブル長よりも大幅に小さい周波数に対する素晴らしい受信アンテナとなっていた。 そのスイッチング・ノイズはケーブル・シールドにうまく注入され、 そのノイズ電流はミキシング・コンソールの出力コネクタに伝えられ (そのケーブル・シールドはアンプの側で未接続となっていた)、 そのノイズはミキシング・コンソールのグランド導体に注入された。 このため、そのスイッチング・ノイズは、 そのミキサから 16台のパワー・アンプ全てに送られる信号に加えられた。
    (From Tony Waldron, Technical Manager of Cadac Electronics Ltd, recalling an incident when he was Head of Sound at the Royal National Theatre in 1986.)

  6. 今日、私は、900MHz GSM が何も引き起こさなかったのに、 ISDN 端末が付近の DECT 電話に影響された事例のことを聞いた。 これは、テスト・ラボではなく、フィールドにおけるものであった。 テスト・ラボにおいては、私の経験は、 それが 1GHz 以下で合格するならばその上でも合格するというものである。
    (Posting from Ari Honkala to emc-pstc, 10th Jan 02)

    携帯電話をコンピュータのマウスの近くに置いてみよう! コンピュータにスピーカーが付いていればさらに面白い!
    (One of the replies to the above, from Peter Flowerdew, 10th Jan 02. We recommend making sure all data is backed up on removable media before trying this or other interference experiments on PCs, MACs, or other computers.)

  7. 日本の厚生労働省は、患者が図書館の出口を通った際に、 心臓ペースメーカの動作が盗難防止装置からの電磁界による干渉を受けた 事例があったことを発表した。 幸い、その影響はペースメーカ内の個人用に調整されたパラメータが 初期状態での (個人用に調整されていない) 設定にリセットされたものであり、 患者はそれによる異常を感じなかった。 厚生労働省は、ペースメーカと盗難防止装置との電磁干渉によって引き起こされる 危険のリスクは低いと信じており、 患者らに対する勧告は盗難防止装置の近くに長く留まらないようにというものであった。
    The information source was: articles on newspapers (Asahi, Yomiuri, Mainichi, etc.) at 17 January 2002, and Pharmaceuticals and Medical Devices Safety Information No.173 (January 2002) from the ministry. (From: Tom Sato, 19th Jan 02)

  8. 科学的な調査が、古いアナログ技術では発生しなかった、 デジタル携帯電話によって引き起こされるペースメーカへの干渉の影響の増大を報告した。 携帯電話は小型化しており、しばしば埋め込まれた医療デバイスに非常に近い シャツのポケットに入れておかれる。 今日では、電力レベルと変調方式の異なった組み合わせを伴う、 多くのワイヤレス技術が用いられている。
    (From "Immunity testing for Active Implantable Cardiovascular Devices" by Daniel D. Hoolihan of Hoolihan EMC Consulting, ITEM 2001, p45)

  9. 取り引きの停止は、運用のコストを遥かに超えた大きな損失を生じ得る。 最近の例では、20分間の停電の結果として £10,000,000 の賠償請求が行なわれている。
    (From "Introduction to power quality" by David Chapman of the Copper development Association, March 200, page 1)

  10. 電源品質問題が EU の工業や商業に 年間 100億ユーロ程度のコストを与えていると概算されているが、 予防手段のための出費はその 5% 以下である。
    (From "The cost of poor power quality" by David Chapman of the Copper development Association, March 200, page 1)

  11. 電圧ディップの程度や分布の公式な統計はないが、 何件かの中規模の測定が行なわれており、 いずれ有用な情報が得られることが期待できる。 ある大手の発電所が実施した調査は、 5〜30MVA の範囲の 12個の施設での電圧変動が測定された。 10ヵ月の間に 858件の変動が記録され、そのうちの 42件は崩壊と生産の損失に至った。 12個の施設の全てが低付加価値製品を作っているローテク生産事業であったものの、 その経済的損失の合計は 600,000ユーロ (平均で、1件当たり 14,300ユーロ、あるいは施設当たり 50,000ユーロ) となり、個別の損失の最大は 165,000ユーロであった。
    次の表は、典型的な値の一例を示す:

    産業 1件当たりの典型的な経済的損失
    半導体製造 3,800,000ユーロ
    金融取引 6,000,000ユーロ/時間
    コンピュータ・センター 750,000ユーロ
    通信センター 30,000ユーロ/分
    製鉄工場 350,000ユーロ
    ガラス工業 250,000ユーロ

    (From "The cost of poor power quality" by David Chapman of the Copper development Association, March 200, pages 3 and 4)

  12. USA においては、緊急サービス (消防、警察、救急など) の多くは 800MHz で動作する無線システムを使用している。 公共財源への負担の低減のために、 それらのシステムのための基地局はしばしば実に広く分散している。 これらのシステムは、スペクトラムの混雑に伴って増加が見られる 「隣接チャネル」干渉を受けることが知られている。 この干渉は、署員やその他の人が危険に曝された文書化された事例を生じた。 主な問題は、他の認可済み送信器からの帯域外信号によって引き起こされる、 ハンドセットの RF フロント・エンドにおける相互変調のようである。 大抵の無線受信器がその狭いチャネル帯域幅を中間周波処理段で達成しており、 その前段の帯域幅は遥かに広く、 近傍の周波数の強力な信号からの干渉の影響を受けやすくしていることは忘れられ勝ちである。 http://www.apco911.org/afc/project_39/interim_report.pdf からダウンロードできる 「Interference to Public Safety 800MHz Radio Systems, Interim Report to the FCC, Dec 24, 2001」 を参照されたい。
    (From Keith Armstrong, Feb 02)


Copyright (C) 2002 Nutwood UK Ltd.

これは、EMC+Compliance Journal に掲載された記事を T. Sato が翻訳したものです。 この翻訳については、原著者らはいかなる責任も持ちません。 これについての意見、質問などは VEF00200@nifty.com (T.Sato) 宛にお送り下さい。

Last update: 2002-03-08

[ 前へ | 次へ ]