[ Home > 電気製品の EMC/安全適合性 > 用語 ]

位相制御
(phase control)

位相制御は、負荷に供給する電力を通電角を変えることによって制御するものであり、 といった特徴を持ち、照明やヒーターなどの制御によく用いられている。

だが、この方法は、原理的に、 高調波電流が大きく、 力率が低下するという欠点を持つ。 このため、IEC/EN 61000-3-2 などのもとで、 位相制御の使用に制限が課されるようになっている。

高調波の問題を避けるため、 サイクル制御や PWM 制御が用いられることもあるが、 これらの方法には、 回路の複雑化、フリッカの発生 (サイクル制御の場合)、 高周波ノイズの増加 (PWM 制御の場合) の可能性といったデメリットもある。


by Tom Sato, 2008-06-07