[ Home > ソフトウェア > xvkbd ]

xvkbd ― X Window System 用仮想キーボード

[ English | Japanese ]

xvkbd は X Window System 用の 仮想 (グラフィカル) キーボード・プログラムであり、 画面上に表示されたキーボードをクリックすることによって 他のクライアント (ソフトウェア) へのキーの入力を行なうための機能を提供します。 これは、キオスク端末やハンドヘルド・デバイスのような キーボード無しのシステムのために使用できるかも知れません。 また、これはコマンド行オプションとして指定された文字列を 他のクライアントへ送る機能も持っています。

Screenshot of xvkbd

標準でのキーボードの配列は通常の US 配列に基づいたものとなっていますが、 その他のいくつかのキーボード配列もサポートしています (「スクリーン・ショット」を参照)。 これと異なった配列、例えばドイツ語向け配列を用いるように設定することも可能です。 デフォルトの設定は画面が小さいシステムでは大きすぎるかも知れませんが、 より小さいスペース (例えば 220×90ピクセル) を使うように設定することもできます。 詳細については、下の「スクリーン・ショット」や 「カスタマイズ」、 そして配布パッケージ内のリソース・ファイルのサンプルを参照して下さい。

xvkbd version 2.1 からは コンプリーション (word completion)をサポートしており、 これは xvkbd での長い単語の入力を簡単にするかも知れません。

IMPORTANT NOTE: xvkbd を XDM や GDM などのようなディスプレイ・マネージャから起動する場合、 セキュリティ上の深刻なリスクを避けるため、 xvkbd は常に -secure オプションを付けて使用して下さい。



動作環境

xvkbd は X11R5、あるいは X11R6 の上で動作します。 動作の確認は redhat Linux、及び Solaris で行ないましたが、 他の環境でも使用できるものと思われます。

なお、このプログラムでは Xaw を用いており、 特別なライブラリは不要 (ただし、Xaw3d の使用を推奨) です。


操作

キーの入力

xvkbd を普通に起動すると、 画面にキーボードのイメージが表示されます。 この画面上に表示されたキーをクリックすると、 あたかも実際にそのキーが押されたかのように 入力フォーカスの設定されたウィンドウ (後述) にその文字が送られます。

大文字のアルファベットやキーの上の段の文字を入力したい場合には、 Shift をクリックした後にそのキーをクリックするか、 もしくはキーをマウスボタン3 (多くの場合は右ボタン) か マウスボタン4でクリックします。 同様に、Control での修飾を行ないたい場合には、 Control をクリックした後にそのキーをクリックするか、 もしくはキーをマウスボタン2 (多くの場合は中ボタン) でクリックします。 Alt、及び Meta も Control と同様に使用できますが、 これらについてはマウスボタンによる近道はありません。

クイック・モディファイア

xvkbd 2.5 以降は、ShiftControlAltGr などの モディファイアで修飾されたキーの入力のための別の方法をサポートしており、 これは PDA やその他のタッチ・パネル付きのマシンで特に有用であるかも知れません ―― これを、「クイック・モディファイア」と呼ぶことにします。

クイック・モディファイアは、 Property パネルの ``Enable "Quick Modifiers?'' によって有効/無効を選択することができます。 クイック・モディファイアが有効となっている場合には、 xvkbd ウィンドウ上のキーを押し、 ポインタをそのキーの外側に移動し、 そしてマウス・ボタンや等価なものを離すことによって、 それを作動させられます。

モディファイアは、ポインタの移動の方向によって選択されます: Quick Modifiers

  上   - Shift
  右   - AltGr
  右上  - Shift AltGr
  左   - Control
  左上  - Shift Control
  下   - Meta
  左下  - Alt

入力フォーカスの設定

ウィンドウ・マネージャ、及びクライアントが マウス・ボタンのクリックによって入力フォーカスを設定するようになっている (その後でポインタがウィンドウの外に出てもフォーカスを失わない) 場合には、 通常の方法で入力フォーカスを設定して キーボードからその場所に入力できる状態にしておけば、 xvkbd ウィンドウ上のキーをクリックすれば 対応する文字がその場所に入力される筈です。

キーボードからの入力に際してそのウィンドウや 入力フィールドの中にポインタを置いておかなければならないような ウィンドウ・マネージャやクライアントを用いている場合、 あるいは xvkbd ウィンドウ上のキーをクリックすると xvkbd ウィンドウに入力フォーカスが設定されてしまう場合には、 xvkbd ウィンドウの Focus ボタンをクリックした後に その入力フィールドをクリックすることにより、 xvkbd にそのウィンドウに入力フォーカスを設定させることが必要となります。 この入力フォーカスの設定は、 Focus ボタンをマウスボタン3でクリックすることによって解除できます。

コンプリーション (Word Completion)

メイン・メニューの ``Word Completion...'' を選択すると、 Word Completion パネルが開かれます。

Word Completion パネルが開かれた状態で 通常通りに xvkbd 上のキーをクリックして文字を入力すると その文字列で始まる単語がパネル上にリストされ、 そのリストの単語のいずれかをクリックすることによって 選択した単語の残りの文字を入力することができます。

Word Completion panel

辞書 (単語のリスト) ファイルはデフォルトでは /usr/dict/words ですが、 これは -dict オプションか xvkbd.dictFile リソースによって変更することができます。

メイン・メニュー

Main menu メイン・キーボードの ``xvkbd'' ロゴ (デフォルトの設定では左下に置かれている) を押すと、メイン・メニューが開かれます。

このメニューには、次の項目が含まれます:

About...
このプログラムの簡単な説明を表示します。

Manual...
マニュアル・ページを表示します。

Keypad...
キーパッド パネルを開きます。

Sun Function Keys...
Sun ファンクション・キー パネルを開きます。

Dead Keys...
Dead Keys パネルを開きます。 これは、アクセント付きのラテン文字を 2回のストロークで入力するために使用することができます。

Word Completion...
Word Completion パネルを開きます。

Change Keyboard Layout... [ Updated (2004-05-04) ]
キーボードのレイアウトを切り替えるための ポップアップ・ウィンドウを開きます。 デフォルトの状態では、 Default (US)BelgianDanishFrenchGermanIcelandicItalianJapanese (JIS-X-6002)Japanese (JIS-X-6004)KoreanNorwegianPortugueseRussianSpanishSwedishSwiss/GermanUnited Kingdom、 及び Latin-1 が選択可能です。

Edit Function Keys...
ファンクション・キーに割り当てる文字列の編集のための ポップアップ・ウィンドウを開きます。 「ファンクション・キーへの文字列の割り当て」 も参照して下さい。

Show Keypad?
メイン・ウィンドウ上のキーパッドの表示/非表示を切り替えます。

Show Function Keys?
メイン・ウィンドウ上のファンクション・キーの表示/非表示を切り替えます。

Connect to Remote Display...
以降のキー・イベントをリモート・ディスプレイ上のウィンドウへ送るために、 接続するリモート・ディスプレイの名前を指定するためのパネルを開きます。

Revert to Local Display
リモート・ディスプレイとの接続を切断し、 以降のキー・イベントがローカル・ディスプレイ上のウィンドウへ送られるようにします。

Property パネル

Property panel
Enable "Quick Modifiers"?
クイック・モディファイア機能の 有効/無効の切り替えを行ないます。

Lock Shift?
Shift キーの ロック/モーメンタリの切り替えを行ないます。

Lock AltGr?
AltGr キーの ロック/モーメンタリの切り替えを行ないます。

Lock Control, Alt and Meta?
ControlAlt、及び Meta キーの ロック/モーメンタリの切り替えを行ないます。

Always on Top?
これが ON になっている場合、 xvkbdxvkbd ウィンドウを常にディスプレイの最も上に保とうと (すなわち、他のウィンドウによって隠されないように) します。 この機能は実験的なものであり、 問題を起こすことがあるかも知れませんので、注意して下さい。

Behave as Toolbar Window?
Matchbox ウィンドウマネージャなどの、 ある種のウィンドウマネージャとともに用いた時、 xvkbd がツールバー・ウィンドウとしての動作を試みるようにします。

Use XTEST Extension?
XTEST エクステンションは、この項目がチェックされている場合に使用されます。 この項目がアクティブでない場合には、 X サーバーが XTEST エクステンションをサポートしていません。

Jump Pointer?
これが ON になっている場合、 キーボード・イベントのシミュレートのために XTEST エクステンションを使用する場合には、 xvkbd はイベントの送信に際して フォーカスされたウィンドウに一時的にポインタを移動させようとします。

Key-Click Sound
キー・クリック音のオン/オフと、その長さを設定します。

Automatic Click
自動クリック機能のオン/オフと、自動クリックを行なうまでの遅延時間を設定します。 この機能がオンとなっている場合、 マウス・ポインタがボタンの上に動かされ、しばらくそのままとされた時、 xvkbd は左マウス・ボタンがクリックされたかのように働きます。 オート・リピートを避けるために、 Jump Pointer? をオフにする必要があるかも知れません。

Completion Dictionary
ワード・コンプリーション で使用する 辞書ファイルを指定します。 この設定は `xvkbd.dictFile' リソースや -dict オプションよりも 優先となります。

オプション

xvkbd は、-display などの 標準的なオプションに加え、以下のコマンド行オプションを受け付けます。

-version
バージョン情報を表示して終了します。

-xsendevent
xvkbd version 1.0 と同様に、 xvkbd がキーボードのイベントをシミュレートするために XSendEvent() を使用するようにします。 xvkbd version 1.1 は、 デフォルトの設定では XTEST エクテンションを使おうとします。 アプリケーションが -xsendevent で生成されたキーボード・イベントを無視することは 珍しくありませんので、それが本当に必要な場合を除き、このオプションを使用すべきではありません。

X サーバーが XTEST エクステンションをサポートしていない場合、 xvkbd は自動的にこのモードに切り替わります。

リソース `xvkbd.xtest: false' も同じ効果を持ちます。

-no-sync
通常、xvkbd は送信先のクライアントとステップ毎に同期を取ろうとします。 これは、そのクライアント (あるいは X サーバー) の応答が遅すぎる時に問題を起こすかも知れません。 そのような状況では、-no-sync によってその問題を解決できるかも知れません。

リソース `xvkbd.noSync: true' も同じ効果を持ちます。

-no-jump-pointer
イベントの送信に際してポインタを移動させないようにします。 デフォルトでは、キーボード・イベントのシミュレートのために XTEST エクステンションを使用する場合には、 xvkbd はイベントの送信に際して フォーカスされたウィンドウに一時的にポインタを移動させようとします。

リソース `xvkbd.jumpPointer: false' も同じ効果を持ちます。

-no-back-pointer xvkbd が、
イベントの送信を行なった後でポインタを元の位置に戻さないようにします。 これは、xvkbd をポインタの位置の移動に用いようとしている時に有用かも知れません。

リソース `xvkbd.jumpPointerBack: false' も同じ効果を持ちます。

-modal
xvkbd ウィンドウ上のキーのラベルを、それぞれのシフト状態 (シフトなし、ShiftAltGr、及び Shift-AltGr) ごとに設定できるようにします。 これは、xvkbd のウィンドウを非常に小さくしたい場合に有用です。

キーボードの配列をカスタマイズする」や 配布パッケージ内のリソース・ファイルのサンプルを参照して下さい。

リソース `xvkbd.modalKeytop: true' も同じ効果を持ちます。

-geometry
ウィンドウのジオメトリを指定します。

ウィンドウの位置を画面の右端や下端からの距離で指定する場合には、 ウィンドウの枠の大きさを考慮する必要がある (-geometry -0-0 と指定すると 枠の大きさの分だけウィンドウが画面からはみ出てしまう) ことに注意して下さい。

これは、リソース xvkbd.windowGeometry (xvkbd.geometry ではないことに注意) で設定することもできます。

-no-resize [Version 3.4]
xvkbd ウィンドウのサイズ変更を禁止する。

リソース `xvkbd.resizable: false' も同じ効果を持ちます。

-no-repeat
キーが押し続けられた場合でも オート・リピートを行なわないようにします。

オート・リピートが有効となっている (デフォルト) 場合、 リピートを開始するまでの時間は xvkbd*Repeater.initialDelay: 600 のように、 またリピートの最短の周期は xvkbd*Repeater.minimumDelay: 100 (いずれもミリ秒単位) のようにリソースで設定できます。

リソース `xvkbd.autoRepeat: false' も同じ効果を持ちます。

-no-functionkey
ファンクション・キーを表示しないようにします。

リソース `xvkbd.functionkey: false' も同じ効果を持ちます。

-no-keypad
キーパッドを表示しないようにします。

リソース `xvkbd.keypad: false' も同じ効果を持ちます。

-compact
ファンクション・キーもキーパッドも表示しないようにします。

リソース `xvkbd.compact: true' も同じ効果を持ちます。

-keypad
キーパッドのみを表示するようにします。 -no-keypad-compact が指定されている場合には この指定は無視されます。

リソース `xvkbd.keypadOnly: true' も同じ効果を持ちます。

-text string
指定された文字列をフォーカスされたウィンドウ (-window オプションも参照) に送信します。
このオプションが指定された場合にはウィンドウは開かれず、 また xvkbd コマンドは文字列の送信を行なった後すぐに終了します。

この文字列は、次のようなものを含むこともできます:

-file filename
指定されたファイルの内容をフォーカスされたウィンドウ (-window オプションも参照) に送信します。 filename として ``-'' が指定された場合には、 送信すべき文字列は標準入力 (stdin) から読み込まれます。
このオプションが指定された場合にはウィンドウは開かれず、 また xvkbd コマンドは文字列の送信を行なった後すぐに終了します。

-utf16 [Version 3.6]
-file オプションと共に使用した時、 xvkbd がファイル内の UTF16 キャラクタを受け付けるようにします。

-delayvalue
-text-file による文字の送信に際して、 1文字毎に value ms の遅延を置くようにします。 これは、文字の入力が早過ぎると正常に機能しない場合の対処のために使用できるでしょう。

-window window
フォーカスを設定するウィンドウの ID (0x で始まる16進の値か、10進の値) か名前 (インスタンス名かクラス名)、 あるいはウィンドウのタイトルを指定します。 名前やタイトルとの一致には、 ワイルドカード・キャラクタ (`*'、`?') を用いることもできます。
これが指定されなかった場合には、 明示的に Focus ボタンを用いて指定されるまでは、入力フォーカスは ウィンドウ・マネージャやクライアントの制御に従います。 これが指定された場合でも、Focus ボタンを用いて、 他のウィンドウにフォーカスを設定し、 あるいはフォーカスを解除することができます。
このオプションで指定された名前を持つウィンドウが複数存在する場合には、 最初に見付かったものが選択されます。

-widget widget-name
入力フォーカスを設定するウィジェットの名前を指定します。 この機能を使用するためには、 クライアントは Editres プロトコルをサポートしている必要があります。 通常、このオプションは -window オプションと共に用いられるでしょう。
ウィジェット foo.bar.zot に入力フォーカスを設定したい場合には、 widget-name として zotbar.zot、あるいは foo.bar.zot のように指定することができます。 混乱を避けるために、widget-name は そのクライアントの単一のウィジェットのみと一致すべきです。

例えば、

xvkbd -window xarchie -widget searchText -text "\Ca\Ckabc\r"
は、xarchie ウィンドウの ``Search Term'' フィールドに 文字列 ``abc'' を入力します。

-remote-display display
接続するリモートのディスプレイ (X Window System の用語で) を指定する。 Connect to Remote Display... も参照。 [Version 3.3]

-true-keypad
これを指定すると、キーパッドのキーに対して できる限り本来のキーシム (例えば XK_1 ではなく XK_KP_1) を用いるようにします。

リソース `xvkbd.keypadKeysym: true' も同じ効果を持ちます。

-dict filename
コンプリーション (word completion) で使用する 辞書 (単語のリスト) のファイルを指定します。

リソース `xvkbd.dictFile: filename' も同じ効果を持ちます。

-minimizable
ウィンドウ・マネージャを使用していない場合でも、 xvkbd のウィンドウを最小化 (アイコン化) させられるようにします。 この機能が有効とされると、xvkbd メイン・メニューの左側に三角形が表示され、 それをクリックすると xvkbd ウィンドウは最小化します。

リソース `xvkbd.minimizable: true' も同じ効果を持ちます。 x

-secure
ユーザー定義のコマンド、及びオンライン・マニュアル・リーダを含む、 外部のコマンドの実行を禁止します。 他のディスプレイへの接続も禁止されます。 このオプションは、xvkbd が何らかの特権を持って実行される時に有用であるかも知れません。

リソース `xvkbd.secure: true' も同じ効果を持ちます。

-nonexitable
xvkbd プログラムの終了を禁止します。 このオプションは、xvkbd がキーボードを持たないシステムのために自動的に起動され、 ユーザーが xvkbd を終了することが想定されない場合に有用であるかも知れません。

リソース `xvkbd.nonexitable: true' も同じ効果を持ちます。

-xdm
-secure -nonexitable と同一です。 xvkbd をログイン画面のために実行する場合には、 このオプションを指定することが推奨されます。

-modifiers modifiers
通常、xvkbd は、 文字を送信する時にのみモディファイア (control、shift など) を有効とします。 このオプションでモディファイアが指定された場合、 指定されたモディファイアは xvkbd ウィンドウ上の 該当するキーがアクティブとなっているあいだ、有効とされるようになります。 例えば、-modifiers shift,control,meta,alt のように指定することで、 それらの4つのモディファイアについてこれを適用させることができます。 これは、マウス操作をモディファイアで修飾したい場合に利用できるかも知れません。 これらのモディファイアは xvkbd ウィンドウ上でクリックする際にも適用され、 状況によっては正しい動作を妨げるかも知れないことに注意して下さい。

リソース `xvkbd.positiveModifiers: modifiers...' も同じ効果を持ちます。

-debug
xvkbd がデバッグ用情報を表示するようにします。 また、キーボード・レイアウト・ファイルの作成の際の キーの大きさの調整を助けるため、キーボードの幅の調整を行なわないようにします。


スクリーン・ショット

Default (US)
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-normal.gif
Belgian
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-belgian.gif
Danish
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-danish.gif
French
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-french.gif
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-french2.gif
German
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-german.gif
Icelandic
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-icelandic.gif
Italian
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-italian.gif
Japanese (JIS-X-6002)
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-jisx6002.gif
Japanese (JIS-X-6004)
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-jisx6004.gif
Norwegian
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-norwegian.gif
Portuguese
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-portuguese.gif
Spanish
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-spanish.gif
Swedish
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-swedish.gif
Swiss/German
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-swissgerman.gif
United Kingdom
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-uk.gif
Latin-1
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-latin1.gif
Small Keyboard (maybe suitable for PDAs)
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-small.gif
Hebrew
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-hebrew.gif
Greek
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-greek.gif
Turkish
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-turkish.gif
Slovene
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-slovene.gif
Korean
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-korean.gif
Russian (Cyrillic)
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-russian.gif


ダウンロード

最新の公式リリース
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-3.7.tar.gz
- source of version 3.7 (2015-09-12)

古いリリース
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-3.6.tar.gz
- source of version 3.6 (2015-02-15)
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-3.5.tar.gz
- source of version 3.5 (2013-07-15)

xvkbdGNU General Public License のもとに配布しています。


インストール

  1. ソースを適当なディレクトリに展開し、 そのディレクトリに移動します。

  2. Xaw3d ではなく純正の Xaw を使用するのであれば、 Imakefile を編集して `#define XAW3D' を削除 (あるいはコメント・アウト) します。

    xvkbd を (例えば) 非常に古いシステムに インストールしようとしている場合などには、 XTEST のサポートや国際化機能の使用を禁止するために、 `#define XTEST' や `#define I18N' も削除する必要があるかも知れません。

  3. xmkmf; make install install.man を実行します。


カスタマイズ

xvkbd のカスタマイズの方法

xvkbd は、リソースを設定することによって ある程度カスタマイズすることが可能です。 いくつかのリソースは既にで説明しました。 キーボードの配列をカスタマイズするためのリソースは、以下で説明します。

リソースを設定するためには:

  1. それらを $HOME/.Xdefaults ファイルに置くか、
  2. それらを xrdb(1) によってロードするか、
  3. そのファイル名を $XENVIRONMENT 環境変数に設定するか、
  4. それらを XVkbd-suffix のような名前のファイルとして アプリケーション・デフォルト・ディレクトリに置き、 リソース ``xvkbd.customization: -suffix'' を設定するか、
  5. それらを XVkbd という名前のファイルとして アプリケーション・デフォルト・ディレクトリに置きます。

アプリケーション・デフォルト・ディレクトリは:

アプリケーション・デフォルト・ファイルを システムのアプリケーション・デフォルト・ディレクトリに置く場合には、 その頭の方に ``#include "XVkbd-common"'' を含める必要があります。

xvkbd はアプリケーション・デフォルト・ファイルの いくつかのサンプルと共に配布されており、 それらはシステムのアプリケーション・デフォルト・ファイルにインストールされます。

ウィンドウを小さくする

xvkbd ウィンドウの大きさは xvkbd.windowGeometry リソースで設定することができます。 ウィンドウを小さくする場合には、小さいフォントを選ぶ必要もあるかも知れません。
  xvkbd.windowGeometry: 220x90
  xvkbd.compact: true
  xvkbd*Font: 6x12

小さいキートップにそれら全てを表示しようとする代わりに その時のシフト状態に対応するラベルのみを表示させるために、

  xvkbd.modalKeytop: true
も指定したいと思うかも知れません。

xvkbd 配布パッケージ中の XVkbd-small.ad も参照して下さい。

不要なキーを削除する

xvkbd ウィンドウ上のキーは、 その幅を 1 に設定することによって削除することができます。

Compose キーを削除して Shift キーを大きくするためには、 次のように書くことができます:

  xvkbd*Multi_key.width: 1
  xvkbd*Shift_R.width: 75

右の Alt キーと Meta キーを削除するためには、 次のように書くことができます:

  xvkbd*Alt_R.width: 1
  xvkbd*Meta_R.width: 1

キーボードの配列をカスタマイズする

xvkbd ウィンドウ上のキーの配列は 以下のリソースによってカスタマイズできます:
xvkbd.NormalKeys
ShiftAltGr も選択されていない場合に使われるキーのリスト
xvkbd.ShiftKeys
Shift が選択されている場合に使われるキーのリスト
xvkbd.AltgrKeys
AltGr が選択されている場合に使われるキーのリスト
xvkbd.ShiftAltgrKeys
ShiftAltGr の双方が選択されている場合に使われるキーのリスト
xvkbd.KeyLabels
それぞれのキーの上に表示するラベルのリスト
xvkbd.NormalKeyLabels
ShiftAltGr も選択されていない時に それぞれのキーの上に表示するラベルのリスト
xvkbd.ShiftKeyLabels
Shift が選択されている時に それぞれのキーの上に表示するラベルのリスト
xvkbd.AltgrKeyLabels
AltGr が選択されている時に それぞれのキーの上に表示するラベルのリスト
xvkbd.ShiftAltgrKeyLabels
ShiftAltGr の双方が選択されている時に それぞれのキーの上に表示するラベルのリスト

キーの上のラベルを設定するための4つのリソース (xvkbd.NormalKeyLabelsxvkbd.ShiftKeyLabelsxvkbd.AltgrKeyLabels、及び xvkbd.ShiftAltgrKeyLabels) は、xvkbd.modalKeytop リソースが true に設定されている時に、 xvkbd.KeyLabels の代わりに使用されます。

これらのリソースでは、それぞれのキーは空白によって区切られ、キーの列は ` \n\' (`\n' の前には空白がなければならないことに注意) によって区切られます。 これらのリソースについては、xvkbd 配布パッケージ中の XVkbd-german.adXVkbd-latin1.ad も参照して下さい。

XVkbd-germanXVkbd-latin1 は システムのアプリケーション・デフォルト・ディレクトリにインストールされ、 リソース ``xvkbd.customization: -german'' を設定すると xvkbd がこのドイツ向け配列を使うようになります。 これらの設定を有効とするためのその他の方法については、 上の「xvkbd のカスタマイズの方法」 を参照して下さい。

ファンクション・キーへの文字列の割り当て

それぞれのファンクション・キー (実際にはその他の大半のキーにも) に 文字列を割り当てることが可能です。 ファンクション・キーに文字列が割り当てられている場合、 そのキーをクリックすると、そのファンクション・キー自身の代わりに、 割り当てられた文字列が送信されます。 文字列の割り当てられたファンクション・キーの上にポインタがある時には、 そのキーの近くにその文字列が表示されます。

この設定は、それぞれのファンクション・キーに対する文字列を含む、 次のようなテキスト・ファイルから読み込まれます:

  F1 text for F1
  F2 text for F2
  s:F1 text for Shift-F1
  c:F1 text for Control-F1
  m:F1 text for Meta-F1
  a:F1 text for Alt-F1

キーの名前の前の `s:'、`c:'、`m:'、及び `a:' は、 4つのモディファイア (ShiftControlMeta、及び Alt) を示します。

割り当てられた文字列の最初の文字が `!' である場合、 それはそのキーがクリックされた際に実行すべきコマンドとして扱われます。 `!' や `\' で始まる文字列を割り当てたい場合には、 文字列の最初に `\' を付けて下さい。

デフォルトではこのファイルは $HOME/.xvkbd ですが、 xvkbd.keyFile リソースでファイル名を指定することによって 変更することもできます。

モディファイアなしの、あるいは Shift モディファイアを付けた F1F12 については、 メイン・メニュー の ``Edit Function Keys...'' から開かれるパネル上で 文字列の割り当てを編集することも可能です。

Edit Function Keys


その他の情報

補足

追加情報

FAQ - Possible Problems and Solutions
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/faq.html

Making your own completion dictionary
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/make-dic.html

Hints to use xvkbd -text
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/xvkbd-text.html

キー・イベントの送信についてのメモ
http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/events-j.html


変更履歴

Version 0.1 (2000-05-13)

Version 0.2 (2000-09-15)

Version 0.3 (2000-10-05)

Version 1.0 (2000-11-03)

Version 1.1 (2000-12-23)

Version 1.2 (2001-02-18)

Version 1.3 (2001-03-19)

Version 1.4 (2001-04-22)

Version 1.5 (2001-10-08)

Version 1.6 (2001-11-10)

Version 2.0 (2001-12-09)

Version 2.1 (2002-01-27)

Version 2.2 (2002-03-17)

Version 2.3 (2002-04-05)

Version 2.4 (2002-10-02)

Version 2.5 (2002-10-12)

Version 2.5a (2003-06-25)

Version 2.6 (2004-05-04)

Version 2.7 (2005-05-05)

Version 2.7a (2005-05-07)

Version 2.8 (2006-09-10)

Version 2.9 (2008-03-30)

Version 3.0 (2008-05-05)

Version 3.1 (2010-01-17)

Version 3.2 (2010-03-14)

Version 3.3 (2012-03-03) [ New (2012-03-03) ]

Version 3.4 (2013-03-31) [ New (2013-03-31) ]

Version 3.5 (2013-07-15) [ New (2013-07-15) ]

Version 3.6 (2015-02-15) [ New (2015-02-15) ]

Version 3.7 (2015-09-12) [ New (2015-09-12) ]


作者

xvkbd は T.Sato が開発し、 GNU General Public License Version 2、もしくはそれ以降のバージョンの条件のもとに配布しています。

このソフトウェアに関するフィードバック (バグ・レポート、要望、意見など) は、 T.Sato <VEF00200@nifty.com> にお送り下さい。

このソフトウェアの最新版や追加情報は、 http://t-sato.in.coocan.jp/xvkbd/ から得られるかも知れません。


by T.Sato, 2015-09-12
[ access counter ]